当サイトを通してお買い物をしてくださっているみなさま、いつもありがとうございます☆感謝!

失敗しないキャンプギア選び2~テントの設営・撤収は楽チンがいちばん~

キャンプ_失敗しないキャンプギア選び2 キャンプ

「失敗しないキャンプギア選び」シリーズの第2弾です!

キャンプでは避けられない、テントの設営&撤収

これがスムーズにいかないと、せっかくのキャンプがストレスになることも。

はじめも終わりもめんどうな「ストレスキャンプ」にならないよう、あなたにピッタリのテントを見つけましょう!

設営・撤収がストレスにならないように

キャンプのはじめに行うことが多いテント設営。

これがうまくいかないと、キャンプの時間が押すばかりか、次のキャンプでも「またあの設営から始めるのか……」と、憂鬱になってしまいますよね。

「おしゃれだけど組み立てがむずかしい」
「部品が重くてかたづけが大変」
「大きすぎて狭い場所では設営しにくい」

というようなテントは、よっぽどお気に入りでない限り避けるのが無難です。

以前使っていた2ルームテントは、広くて安定感がありましたが、頑丈な分、ポールが太く、設営も撤収も大変でした。

まぁまぁ大きさもあったので、せまいサイトでは使えません。

お気に入りのテントだったので、大変なところも含めて楽しかったのですが、テントに愛着がなければ、大変な設営・撤収は、かなりストレスになります。

せっかくのキャンプなのに、最初と最後がストレスなんてイヤですよね(笑)。

テントは、もちろん見た目も大事ですが

◆組み立てが複雑すぎない
◆部品が重すぎない、多すぎない
◆必要以上に大きすぎない

ということを、意識して選ぶのがおすすめです。

組み立てのむずかしさや部品の重さなどは、人によって感じかたが違うので

「自分の手に負えるもの」

「1人でも設営・撤収できるもの」

というイメージで選んでみてはいかがでしょうか。

デザインも使い勝手もちょうどいいテントを見つけて、「設営・撤収も含めてキャンプ全体が楽しい!」といえるキャンプにしたいですね。

レンタルやショップで使用感を比較

テントなど大型で高価なキャンプギアは、購入前にレンタルなどで使ってみるのがおすすめです。

事前に申し込んでおけば、指定したキャンプ場にテントなど一式を届けてくれるサービスもありますよ。

手ぶらキャンプを楽しむ【hinataレンタル】

キャンプ場でレンタルできることもあるので、金額などによって使い分けるといいですね。

手ぶらキャンプ・レンタルで楽しめるキャンプ場【なっぷ】

キャンプ場でレンタルする場合、設営・撤収をスタッフの方におまかせできることがありますが、どちらもご自分で体験してみるのがおすすめです。

当日は、たたんだ状態のテントの姿、重さ、付属品などをチェック!

運んだり、車に積んだり、家で収納するのにムリがないか、頭の中でシミュレーションしてみましょう。

利用する際は、設営・撤収の容易さはもちろん、テント内の広さ、ポールの強度、風通しなどもあわせてチェック。

何種類かのテントを試しておくと、テントを見る目が肥えてきますよ!

レンタルでのお試しキャンプがむずかしい場合は、ぜひ、アルペンアウトドアーズWILD-1などのアウトドアショップへ出かけてみてください。

「テントってこんなに軽いの!?」

「このチェアー、たたんでもわりと大きいな……」

など、イメージとは違うことがたくさんあると思いますよ。

展示してあるテントには、かたっぱしから入ってみましょう(笑)。

いろんな素材、デザインに触れて、「コレいいな」と思うものを探してみてくださいね。

動画でハプニングやデメリットをチェック

レンタルやアウトドアショップではなく、おうちで情報収集をするなら、記事より動画が断然おすすめです!

おすすめ情報」が多い記事に比べて、動画では、折れた、壊れた、破れたなどの「ハプニング情報がたくさんあります。

大きなお買い物をするときは、メリットよりもデメリットに注目して判断するのが失敗を避ける秘訣ですよ!

また、動画では、実際に設営している様子が見られ

「小柄な女性でも20分で設営できるのか」

「設営は簡単そうだけど風でめっちゃ揺れるな……」

なんていう、リアルな状況がわかります。

できれば雨の日、風の日の設営・撤収動画も見ておくと、どこが大変なのかがわかりますよ。

テントは命を預けるキャンプギアです。

いい感じに撮られたイメージ画像だけで、ポチッと選ばれませんように。

おわりに

キャンプを最大限に楽しむために、設営・撤収はできるだけスムーズに終わることが理想ですが。

ものすごく好みのテントがあり、「設営・撤収は大変そうだけど頑張れる!」ということであれば、迷わずそちらを買うべきだと思います!

大好きなテントで過ごせるなんて、キャンプが楽しみすぎますよね。

キャンプでは、大変なこと、不便なことをクリアするのもまたおもしろいのです!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました☆



コメント

最近のコメント

コメントなし