ごゆっくりど~ぞヾ(*´∀`*)ノ

アラフィフ女子がガーデニングを始めました!

ガーデニング

実家でガーデニングを楽しんでいた父が亡くなり、10年が経ちました。

父が愛した植物たちは、一部を除いて処分され、実家の屋上はガラ~ンとしていましたが。

この春、わたしが離婚して、実家の近くに住み始めたのをきっかけに、実家の屋上でガーデニングをさせてもらうことになりました。

母と二人三脚、「頑張りすぎないガーデニング」のはじまりです☆

実はグリーンアドバイザーです

グリーンアドバイザーイメージイメージ【写真AC】

20代のころ、「奥が深く、年齢を重ねても続けられる」という理由で、植物の仕事を始めました。

ガーデニングセンターでの仕入れ・販売、スポーツ施設での植物の植え込み・管理、などなど。

そして、植物の仕事をしながらグリーンアドバイザー、グリーンセイバーアドバンスなどの認定資格を取得。

カタチから入るタイプなので、お気に入りの剪定ばさみやガーデンシューズなどをいそいそと用意して、父の庭(屋上)で勝手にあれこれ育てていました。

29才で結婚してからは、マンション住まいだったので、あまりおおっぴらにガーデニングはできず。

もちろん、離婚してからのワンルームマンションでも、ガーデニングはできないのですが……。

なんだか久しぶりにガーデニング、というか「土いじり」をしたいなと思い、実家の母に相談して、屋上でガーデニングをさせてもらうことになりました。

重~い資材の手配はネットが便利!

植木鉢イメージ【写真AC】

そうと決まれば、早速あれこれ手配します。

まず、何がいる?

ツールは父のものがある程度残っているので、新しい鉢、それに合わせた量の土が必要ですね。

わたしは車を運転できないので、はじめはAmazonで鉢や土を調達しました。

重たいもの、大きい物は、ネットショップがホントに便利ですね。

ただし、最近のAmazonの配達員さん、ちょっと誠意のない方が多いので、その後は「モノタロウ」に変更。

モノタロウは、園芸商品がたくさんそろっているのですが、ものによって、特別運賃がかかるんですよね。

ポイントが貯まるお得感もないので、今は「ヨドバシドットコム」で購入するようになりました。

土や鉢の種類は少ないですが、基本的に配送料が無料で、ポイントも貯まります。

それぞれのデメリットでいうと、

◆Amazon
→配達員の当たりハズレが大きい

◆モノタロウ
→商品によって配送料がかかる、配達日指定ができない

◆ヨドバシドットコム
→種類が少ない

と、いう感じでしょうか。

値段(割引率)は、同じくらいでした。

ポイントのことを考えると、今後はヨドバシドットコムになるかなぁ……、と思います。

花苗は電車で1時間かけて宝塚市へ

ガーデニングショップイメージ【写真AC】

阪急電鉄宝塚本線「山本駅」から歩いて10分ほどの場所に、「陽春園(兵庫県宝塚市)」というガーデニングショップがあります。

植物管理の仕事をしていたとき、植物はほとんどこのお店で買いつけていました。

ホームセンターだと、ビニールポットの中で根っこが腐っていたり、根が思うほど発達していないことがあるのですが。

こちらの苗は、株も根っこもとても元気で、植え付けてすぐ枯れる、なんてことがありません。

少し変わった種類も置いているので、いつも行くのが楽しみなのです!

ただし、お値段もまぁまぁお高いめ。

ホームセンターの花苗の相場が¥380-だとしたら、こちらは¥600-くらいでしょうか(もちろん¥300-台もあります)。

現金払いの会員割引が10%あったとしても、まだ高いんですよね。

おまけに、大阪市内からだと、電車賃が往復¥1,000-ほどかかります。

何から何まで高くつきますが、それでも行く価値があるお店だと思うのです。

帰りは、歩いて10分ほどの場所にある「あいあいパーク」へ寄るのがお決まりコース。

かわいいガーデン資材がたくさんあるのと、観葉植物はあいあいパークの方が安くてキレイに見えます。

仕入れは同じところだと聞いたことがありますが、力のいれどころがちがうのかもしれませんね。

どちらも、大好きなお店です!

陽春園は、先日、年会費(¥1,000-)を払って会員の更新をしてきたので、また一年、頑張って通いますよ~☆

おわりに

始まったばかりの実家でのガーデニングですが、もうすでに、種まきなども行っています。

おしゃれガーデニングではなく、「これでいいの!?」と思われそうな、ものぐさガーデニングですが、一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました☆

【データ】
陽春園
あいあいパーク





コメント

最近のコメント

コメントなし