当サイトを通してお買い物をしてくださっているみなさま、いつもありがとうございます☆感謝!

【ミニコラム】山歩きでの「こんにちは!」が苦手な方に試してみて欲しいこと

山あるき_ミニコラム_山のあいさつ_アイキャッチロゴ入り 山あるき

山歩きで、他の登山者の方とすれ違うときに「こんにちは~」とあいさつする山のマナー。

ちょっとめんどうだな、と思っている方はいませんか?

わたしは正直、めんどうです(笑)。

あいさつをするのがめんどうなのではなく、他の登山者が見えるたびに、「あいさつして無視されたらイヤだな……」みたいなことを考えるのがめんどうなのです。

今回は、そんなわたしが編み出した「誰も傷つかない山でのあいさつ方法」をご紹介します!

その方法とは、

前から登山者が来たら、その方がこちらを見たタイミングで、ペコリと頭をさげる

ことです。

これは、ペコリを返してもらうためのものではなく、「わたしにはあいさつをする意思がありますよ」ということを伝えるためのもの。

ペコリ返しを確認する必要はありません

っというか、ここで傷つくと意味がないので、あえてペコリ返しは確認せずにおきましょう(笑)。

わたしは、わりと遠くにいるときから大きめにペコリと頭をさげたり、こちらが登りであっても、道をゆずるために端によけたりします(通常は登り優先)。
※ 早くよけすぎると相手の方を急がせることになるのでこちらも休憩している感じで

友好的な人だな」と相手に伝われば、ほとんどの場合、すれ違うタイミングでこちらを見てくれたり、「こんにちは~^^」とあいさつしてくれますよ。

そうすれば、こちらも「こんにちは^^」とお返しするだけ。

近づく前にあいさつの意思を知らせることで、相手にも緊張をといてもらい、安心してあいさつできる雰囲気を作ってしまうのです!

もし、相手が目をそらして通るようであれば、ムリに接触せず静かにすれ違いましょう

山には、いろんな人がいろんな思いで歩きにきます。

■もともとあいさつはキライ
■あいさつしたいけどうまくできない
■ペコリが伝わらずお互いあいさつのタイミングを逃してしまった
■あいさつうんぬんではなく人とかかわりたくない

など。

今、無言ですれ違った方が、どのタイプなのかは知りようがありません。

そんな「永遠の謎」について考えるより、すれちがったあとは、山あるきに気持ちを戻しましょう。

山道には、その季節にしか会えない昆虫や鳥、花たちがたくさん隠れています。

はやく山歩きに集中しないと、見逃しちゃいますよ~。

山ですれ違うときのあいさつに不安がある方は、離れた位置からペコリで「あいさつする意思」を示し、相手にも緊張を解いてもらうとあいさつしやすい!

人見知りが多い日本人どうし、ペコリを活用して、気持ちよくあいさつできるといいですね。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました☆




コメント

最近のコメント

コメントなし