いつもありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ ごゆっくりど~ぞ☆

【ミニコラム】おぼれている人を泳いで助けられない理由

ミニコラム(水遊び)_アイキャッチ 水遊び ミニコラム

おぼれた人を助けに行った人が亡くなる「水難事故の二次被害」。

泳ぎに自信がある方は、「自分なら助けられる……!」と飛び込んでしまいがちですが、この思い込み、本当に危ないんですよ!

わたしも実は、そう思っていた1人でした。

けれど、「赤十字水上安全法救助員Ⅰ」を受講してからは考え方が一変!

川や海などで溺れている人を泳いで助けることは、プロのレスキュー隊でもむずかしいのだということを学びました。

赤十字水上安全法救助員Ⅰのプール実習でまず学んだのは、溺者につかまれたときの「はずし方」でした。

助け方」じゃないんですよね。

おぼれている人は、死にものぐるいで救助者にしがみついてきます。

その結果、救助者も身動きが取れなくなり、2人ともおぼれる、なんてこともあるようです。

特に、女性や子どもの力はすさまじいそうですよ。

おぼれている子どもを助けに行った人の話では、しがみつかれて服を破られ、肩の肉をえぐられて大変なことになったそうです。

めっちゃ怖い……。

でも、冷静に考えるとそうですよね。

だって、呼吸ができないんですから。

おぼれている人は、何かにつかまろうと必死ですよ。

なので、おぼれている人を見つけた場合、まずやることは

一秒でも早く119番通報すること(海なら118番の海上保安庁へ)」。

そうすれば、司令員の方がすぐにレスキュー隊を向かわせ、到着まで(約10分)の対処法を指示してくれます。

おそらく、「浮く物を投げて」「長いものにつかまらせて」など、陸上からの救助を要請されるのではないでしょうか。

レスキュー隊が、川で救助する動画を見たことがありますが、到着したレスキュー隊も、すぐに水に飛び込むことはありませんでした。

ロープを張って、ボートを用意して、と、救助の手順を着々とこなしていました。

訓練を積んだレスキュー隊でも、流れる川でおぼれている人を泳いで救助するのは難しい、ということですね。

ちなみに、やむを得ず泳いで救助する場合、溺者の正面からではなく、後ろへ回り込んで救助します。

正面から近づいてつかまれてしまった場合、いったん溺者ごと水中に沈んで、溺者の肩を蹴るなどして引きはがします。

これを、「訓練をつんでいない人が」「流れや波のある水中で」「服を着たまま」やるなんて、無謀だと思いませんか?

ヘタをすれば、溺者が「2人」になってしまい、レスキュー隊の手間が増えてしまいます。

実際には、流された子どもを親御さんが泳いで助けた事例もあるので、「絶対、泳いで助けようとしないで!」とは言えませんが……。

そもそも、水の事故がおこらないように、「水辺で遊ぶときは大人も子どもも万全の装備で」「子どもだけで水辺に行かない」「大人ばかりでも油断しない」を、みんなで徹底したいですね。
※ 川での事故率は大人だけのグループがダントツNO.1です

「4泳法、泳げる」「水泳大会で優勝した」など、プールでの功績は、川や海ではほぼ関係ありません。

流れにもまれて、少しでも気管に水が入ったら、息が吸えずパニックになっておわりです。

泳ぎに自信のある方は特に、「泳いで助けるのはレスキュー隊でも難しい」ということを、頭の片隅においておいていただけるとうれしいです。

本日のポイント。

溺れている人を見つけたら1秒でも早く通報を(119、海なら118)!!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました☆

【お役立ちデータ】
溺れた人を見たときの対処法/海上保安庁

【PR】
防災・防犯用品/アイリスプラザ

コメント

最近のコメント

コメントなし