いつもありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ ごゆっくりど~ぞ☆

枝豆は種まきからが断然おもしろい!収穫まで約2か月の枝豆栽培奮闘記

ガーデニング_枝豆 ガーデニング

ガーデニングを始めたばかりの5月下旬。

野菜の収穫も楽しみたいと、枝豆の種をまいてみました。

ほどなくして、ほとんどの種があっさり発芽。

「あれ、枝豆栽培って意外と簡単……?」

今回は、枝豆の種まきから収穫まで約2ヶ月間の奮闘を、写真付きでご紹介します!

枝豆の種類

まずは、枝豆の種類について簡単にご説明します。

枝豆とは、大豆の未熟果を収穫したもの。

大きく分けて「青豆」「茶豆」「黒豆」という3つの種類があります。

■青豆
最もポピュラーな緑色の枝豆。7~8月ごろに収穫

■茶豆
茶色味をおびた枝豆。香りと甘みが強い。8月上旬~9月中旬に収穫

■黒豆
黒豆を若い時期に収穫したもの。深い甘みとホクホク感が特徴。9月下旬~10月中旬に収穫

さらに、収穫までの期間が短いものから順番に、「極早生(ごくわせ)」「早生(わせ)」「中生(なかて)」「晩生(おくて)」などに分けられます。

いちばん早い極早生なら、種まきから70~75日が収穫のめやすです。

わたしは早生を選んだので、めやすは75~80日ですが、諸事情により、最初の収穫は、種まきから約60日となりました。

それでは、わが家の枝豆栽培の様子をご紹介します!

枝豆の種をまいてみました

【2022年5月22日】
枝豆(青豆)の早生(わせ)の種をまきました。

通常は12時間ほど水につけてからまくようですが……。

忘れてました(笑)。

【5月28日】
そのまままいても、9割くらいはちゃんと発芽しました。

01枝豆_0528苗
Photo by kii watanabe

すごい発芽率ですね。

そして、もうすでにおいしそうなんですけど……(笑)。

02枝豆_0528苗
Photo by kii watanabe

わが家では、鳥除けネットなしでも食べられることはありませんでしたが、ひらけた場所では、かなり高い確率で食べられるようですよ。

庭などで育てる場合は、鳥たちに「えさ場」と認定されないよう、鳥除けネットや不織布で防除しましょう。

初心者の第一関門「間引き」

【6月4日】
順調に育っています!

03枝豆_0604苗
Photo by kii watanabe

枝豆の新芽は、ふわふわでかわいいですね~。

さて。

種まきで苦手のなのが、次の過程「間引き」です。

種まきは、より強い苗を選ぶため多めにまくのですが、最終的に育てる苗を残して、後は抜いちゃうんですよね。

せっかく発芽したのに、なんだかかわいそうで……。

ついつい、多めに残しちゃいました。

本葉2~3枚で定植

【6月9日】
いよいよ定植です!

プランターは、35型の縦長鉢を10個用意しました。

05枝豆_0609植え込み
Photo by kii watanabe

用土は、「再生用土(消毒済み)」「花と野菜の土(元肥入り)」「苦土石灰」をまぜたもの。
※雨などで酸性に傾いた用土の酸度を矯正する。通常、植え付けの2週間前に投入

少し量がたりなかったので、通気性・排水性を上げるためにも、ヤシ繊維100%の用土をたすことにしました。

04枝豆_0609植え込み
Photo by kii watanabe

プロトリーフ KAGOMEかるーい野菜の土(20L)【プロトリーフ】(楽天市場)

このあたりから、まちがいの連続ですが……。

まず、かわいそうで間引けなかった苗を、すべて植え込んでしまいました。

06枝豆_0609植え込み
Photo by kii watanabe

しかも、10個用意したプランターを6個しか使わず。

どこまでケチなんだ(笑)。

生長したあとの姿が、全然想像できていなかったんですよね~。

そして、植え付け後の水やりでは、ヤシ繊維100%の用土に、水が全然しみこまない。

07枝豆_0609植え込み
Photo by kii watanabe

しつこく、ミニスコップでかき混ぜながら水をなじませて、ようやく水やり終了です。

ちなみに、まぜる用土としては、これもまちがいです。

枝豆は水切れ厳禁なので、「水はけ」ではなく「水もち」のよい用土を混ぜるべきでした。

今にも枝豆苗たちの悲鳴が聞こえてきそうな定植、完了です(笑)。

カマキリ発見!敵?味方?

【6月19日】
みんな無事に育っております~。

08枝豆_0619
Photo by kii watanabe

鉢をよく見ると、なんと、ちっちゃいカマキリが!

09枝豆_0619
Photo by kii watanabe

数日前までコンクリートのみだった屋上なのに、カマキリって(笑)。

何かの苗についてきたのでしょうか。

隠れているつもりのようですが、わりと丸見えです。

10枝豆_0619
Photo by kii watanabe

……こっち見てますよね(笑)。

カマキリは、生きた昆虫などを捕食するそうです。

っということは、枝豆には害はないということですね。

むしろ、枝豆についた虫を食べてくれるかもしれないので、益虫として、ここで暮らしてもらうことにしました。

一匹だけでわが家にたどり着いてしまったようなので、繁殖はしないと思いますが。

ここで、よい一生を送ってくれたらいいなと思います。

枝豆の花は小さい白花

【6月26日】
だいぶ大きくなりました!

11枝豆_0626
Photo by kii watanabe

小さな、かわいらしい白花も!

12枝豆_0626
Photo by kii watanabe

育てた娘が、お年頃になったような……(感動)。

花が咲くころから、虫が寄ってくるので、そろそろ害虫対策をしなければ。

マルカメムシ登場

【7月2日】
順調すぎて、混み合ってます……。

13枝豆_0702
Photo by kii watanabe

どうして1鉢に2本ずつにしなかったんだろう……(ココロの声)。

花が咲いたら、すぐにサヤができるとのことですが。

14枝豆_0702
Photo by kii watanabe

できていますね!

かわいい……!

ただし、招かれざる客も。

15枝豆_0702
Photo by kii watanabe

マルカメムシですね。

「害虫がついたら実がつかなくなる!」と、あわてて駆除しそうになりますが。

じつはこのマルカメムシ、サヤからではなく茎から養分を吸っているそうです。

ですので、一株に5~10匹ついている程度であれば、収穫に大きな被害はないようですよ。

大量発生したときのみ、薬剤散布で防除するそうですが、うちには、ちびカマキリがいるので、薬剤散布はできません。

株数が多く、大量発生に近くなってきたので、駆除することにしました。

いろいろ試しましたが、綿の手袋をして直接捕まえるのが、いちばん早かったです。

捕まえると、カメムシ特有の匂いを放ちますが、大きなカメムシほど強烈ではありません。

ただし、手を近づけると茎のまわりをくるくると逃げて回るので、なかなかやっかいで。

最終的には、茎ごとバサバサっとゆすって落としました。

いったん逃げていくんですが、またすぐもどってくるんですよね。

もう、完全に駆除するのはムリなので、「数を減らす」ことに専念しました。

花がついてすぐに、防虫ネット(不織布)をまいていれば……。

これから植える野菜は、全部、定植したらすぐに防虫ネットかけることにします!

被害は進むよ……

【7月6日】
見た目は順調に育っています。

16枝豆_0706
Photo by kii watanabe

ただ、やはりマルカメムシの影響でしょうか、葉がかすり状になってきました。

17枝豆_0706
Photo by kii watanabe

よくわからない虫とか。

18枝豆_0706

Photo by kii watanabe

よくわからない卵とか。

19枝豆_0706
Photo by kii watanabe

不安要素がたくさん出てきましたが、サヤもかなり大きくなってきています。

20枝豆_0706
Photo by kii watanabe

どうにかこのまま、無事に収穫できるところまでいってくれたら……。

幸い、さやの中に入りこんで害をなす「マメシンクイガ」の幼虫は、8月ごろに現れるようなので、早生(わせ)種のこの子たちは被害をまぬがれるはず。

7月中に無事に収穫できるよう、みんな頑張っておくれ~!

カマキリと一緒にもうひとがんばり!

【7月10日】
さやがだいぶ大きくなりました。

22枝豆_0710
Photo by kii watanabe

でも、収穫にはまだ早いですね~。

23枝豆_0710
Photo by kii watanabe

もうひとがんばりです!

とうとう葉っぱに食害が出てしまいました……。

24枝豆_0710
Photo by kii watanabe

でも、この分だと収穫までに致命的な被害は出ないような感じも。

逃げ切れる希望が、濃くなってきましたね。

そして、もうひとつうれしいことが。

21枝豆_0710
Photo by kii watanabe

久しぶりに、カマキリと遭遇!

ちょっと大きくなってる!

立ち姿がカッコイイですね~、たくましい。

カマキリは生きている昆虫などを食べるので、枝豆についた虫たちを食べてくれていた可能性は高いですね。

カマキリの寿命は、オスは10月、メスは11月ごろまでだそうです。

ここは、天敵の鳥たちもあまり来ないので、この庭の虫たちを独り占めしながら、のんびり暮らして欲しいです☆

逃げ切り成功、収穫です!

【7月20日】
本日、いよいよ収穫です!

25枝豆_0720
Photo by kii watanabe

今になって、さやにも吸われたようなあとが。

26枝豆_0720
Photo by kii watanabe

やっぱりこれ、マルカメムシじゃあ……(まだ疑ってる)。

どちらにしても、逃げ切りセーフです!

みなさんがよくやられているように、ガサッと株ごと抜いて収穫したかったのですが、根っこがまわりすぎてびくともしません。

27枝豆_0720
Photo by kii watanabe

仕方がないので、切っちゃいました。

28枝豆_0720
Photo by kii watanabe

ヤシ繊維入りの土も、2か月間お疲れさま。

こちらが収穫した枝豆(一鉢分)です!

29枝豆_0720
Photo by kii watanabe

通常、本葉が5枚程度になったら、頂芽を摘心して、さやに養分を集めるそうですが、わが家ではそれをしませんでした。

次々出てくる新芽が、あまりにもかわいすぎて……。

ですので、一株ごとのさやの数は少なめかもしれません。

でも、育てる過程でたくさん勉強できたし、いろいろ楽しかったので、収穫はこれだけで十分!

っというか、これが6鉢分あるので、多いくらいです(笑)。

30枝豆_0720
Photo by kii watanabe

枝豆は、収穫後すぐに鮮度が落ちるので、さっそく塩ゆでにしていただきました。

中もちゃんと枝豆(笑)。

32枝豆_0720
Photo by kii watanabe

当たり前かもしれませんが、めっちゃ嬉しいものですね。

土にも、タネにも、太陽にも、益虫カマキリにも、水やり担当の母にも、すべてに感謝。

初収穫の枝豆、おいしかったです!

おわりに

あまりにもあっさりと発芽したので、簡単に育つと思っていた枝豆でしたが。

防虫対策を怠ったせいで、かなりめんどうなことになってしまいました。

こんなに大変なら、野菜作りはしばらくいいわ~、と思っていましたが。

「ペットボトルでにんじんが育つ!」という動画を見て、にんじんを育てたくなりました(笑)。

枝豆を全部抜いたら、次はにんじんの種まきです。

防虫ネット、購入済みです!

枝豆が全部なくなると、カマキリはどの鉢へいくのかちょっと心配ですが。

見つけたらまた、ご報告しますね(笑)。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました☆

【データ】
プロトリーフ KAGOMEかるーい野菜の土(20L)【プロトリーフ】(楽天市場)

【出典】
初心者向け!エダマメの栽培方法・育て方のコツ/株式会社サカタのタネ
病害虫・生理障害 エダマメ/タキイ種苗株式会社
野菜栽培マニュアル エダマメ/タキイ種苗株式会社

【PR】
アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】園芸用品

コメント

最近のコメント

コメントなし